ようこそ、東京外国語大学学務情報システムへ
このサイトでは、みなさんの東京外国語大学での教育・学生生活をサポートします
   
学生は総合情報コラボレーションセンターのアカウントで、教員は本システム専用のアカウントでログインして下さい。
3回間違えるとこのシステムに入れなくなるので注意して下さい。入れなくなった場合は教務課窓口に申し出て下さい。
ログイン後、一定時間(60分間)操作がない場合、不正利用防止のため、自動的にログオフされるので注意して下さい。
img   推奨環境
OSおよびウェブブラウザ
< Windowsをお使いの場合 >
Internet Explorer 7.0以上
Firefox 2.0以上

< Macintoshをお使いの場合 >
Safari 3.0以上
Firefox 2.0以上
緊急連絡
緊急連絡はありません。
お知らせ
  
1

本学では、所定の手続きを経て特別に認められた学生は、学部第4年次に本学大学院博士前期課程の授業を10単位を上限に先取りして履修することができます。

この制度により、学部卒業前に大学院科目を履修することで、問題意識を高め、研究テーマを絞り込み、大学院で修士論文に向けた研究により多くの時間をあてることが出来ます。また、大学院には在学期間短縮制度があり、申請し許可されれば、1年間で残りの単位を修得し、修士論文または修了研究を提出し修士号を取得することも可能です。

大学院科目等履修生募集要項(先取り履修用・10月入学)をホームページに掲載しましたので、出願を希望する学生は下記をご覧ください。なお、4月入学で既に先取り履修している学生は、今回出願し追加履修することはできませんのでご注意ください。

http://www.tufs.ac.jp/education/pg/

2

聖公会大学(韓国)の夏短期研修に交換留学の枠を利用して、
授業料・寮費免除で参加することができます(その他の費用はかかります)。

ご興味のある方は、添付のWordファイルをご確認ください。

募集期間:2017年5月25日(木)~6月4日(日)

(聖公会大学校)募集案内.docx
3

※150506 英語B1は担当者・内容が一部変更になりました。ご注意ください。

2017年度には、7月11日(火)〜7月28日(金)の期間に8つの授業が開講されます。ひとつの授業を2人の教員が担当し、3週間にわたって、1日2コマの授業を週2回受講します。SIEは、英語A1、英語B1のいずれかとして単位が認定されます。詳しくは『2017GLIP履修ガイド』(pp. 6-7)と、webシラバスを参照してください(履修コードでシラバスを検索することができます)。

150501 英語A1 SIE(TOEIC score -645) 担当者:笠井貴史(木)・由井ロバート(金)
150502 英語A1 SIE(TOEIC score 650-780) 担当者:堀口佐知子(火)・ヘンダーソン(木)
150503 英語A1 SIE(TOEIC score 650-780) 担当者:ウィルコックス(水)・フリードリック(木)
150504 英語A1 SIE(TOEIC score 785-) 担当者:マキン(火)・ウィズ(木)
150505 英語B1 SIE(TOEIC score -645) 担当者:小野五弥子(火)・サンダース(水)
150506 英語B1 SIE(TOEIC score 650-780)担当者:メルヴィン(火)・小野五弥子(木)
150507 英語B1 SIE(TOEIC score 650-780)担当者:ハウェル(火)・杉田磨理子(金)
150508 英語B1(Advanced)SIE(TOEIC score 785-)担当者:小野倫寛(火)・サンチェス(木)

受講を希望する学生は、以下の指示に従って受講希望の申請を行ってください。申請をしていない学生は受講することができません。
希望者が多い場合には抽選を行います。

受講希望申請方法:
SIEの履修を希望する学生は、必要事項(1. 学籍番号、2. 氏名、3. 受講を希望するSIEのクラス名とレベル、4.最新のTOEICスコア)を記入し、sie@tufs.ac.jp までメールを送ってください。

受講希望の申請期限:2017年5月31日(水)

問い合わせ先:
GLIP英語科目コーディネーター 鈴木 陽子(yoko.suzuki@tufs.ac.jp)

2017SIEチラシ(0526訂正).pdf
4

 東京外国語大学国際交流会館は、本学に在籍する外国人留学生等に住居の場を提供し、修学・研究を容易にするとともに、国際交流の推進に資することを目的として設置されています。
 このたび、会館入居者(留学生・外国人研究者等)とともに生活し、入居者の日常生活の支援・国際交流事業の推進等を含めた会館運営をするうえで重要な役割を担うチューターを追加募集します。
 応募される方は募集要項、チューターの趣旨・業務内容を確認の上、東京外国語大学国際交流会館チューター申請書を両面印刷して記入し、平成29年6月5日(月)16時30分までに留学生課窓口まで提出してください。

会館チューター募集.pdf
5

ニューヨーク国連スタディツアー

2017年度冬期集中科目 (2018.1.22東京発、1.29東京帰着)。
指導: 金井光太朗 副指導: 柏崎正憲 定員: 40名
参加費用: 約270,000円 他
* 費用補助は、入学料免除・授業料免除の認定者または申請者が対象。

応募の方法: なるべく早く柏崎 kashiwazaki@tufs.ac.jp
にEメールを送り、応募用紙を受け取ってください。応募締切は6月26日(月) 午前10時。

詳細はPDFを参照。

公募国連20170626.pdf
6

新規協定校であるウクライナのリヴィウ大学のサマープログラムが、以下のとおり行われます。
協定枠である3名までは、授業料免除で参加することができます。本プログラムはショートビジットに入ります。

申し込みを希望する学生は、留学支援共同利用センターに6月15日(木)までに申し出てください。
1.プログラム名
初級ウクライナ語コース 3週間 「ウクライナとの出会い ―― ことば、文化、伝統 ―― 」
2.プログラム開始日程
2017年9月4日(月)
3.プログラム終了日程
2017年9月22日(金)
4.プログラム費用
授業料は無料、寮費については確認中
5.授業時間数
60時間(月曜日~金曜日、週当たり20時間×3週間)
6.参加に必要な要件
― ウクライナに興味のある東京外国語大学の学生(学士課程及び博士課程)
― キリル文字既習者

問い合わせ先:留学支援共同利用センター email: ryugakushien@tufs.ac.jp, Phone: 042-330-5113

7

地方公共団体・民間育英会の奨学金募集案内を更新しました。
H29年度募集案内.pdf
8

ベトナム語を学ぶみなさんへ

6月15日(木)にベトナムで日本語を学ぶ高校生が本学を
訪問します。この機会に、ベトナム語を学ぶみなさんと交流して
いただきたくランチ会を開催します。

事前に人数を把握するために登録制にしていますので
学務情報システムにログインしていただき、アンケートへの回答
をお願いいたします。

アンケートは6月8日(木)までに回答をお願いいたします。

みなさんの参加をお待ちしています。


日時: 2017年6月15日 11:40-12:30 (お昼休み)
場所: アゴラグローバルカフェテリア
参加費: 無料

担当: 高大連携支援室
    本部管理棟3F
    メール:sr@tufs.ac.jp

9

学習相談デスクでは、以下の日程でガイダンスを開催いたします。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

※事前申込みは不要です。直接会場にお越しください。

<場所>
  図書館4F@ラボ

<時間>
  16:30-17:30

<日程と内容>
5月30日(火), 6月 6日(火):映画の理解と分析のポイント
6月 1日(木), 6月 8日(木):脱☆感想文!批判力を駆使したレポートの書き方
6月 2日(金), 6月 9日(金):「ダメレポート」から見る「良いレポート」の書き方

10

夏学期にショートビジットプログラムに参加する方を対象に「渡航前オリエンテーション」を実施します。ショートビジットでの単位認定に必要な手続きや課題、保険加入の説明、危機管理など重要なことをお伝えします。
夏学期にショートビジットに参加する方は必ずご参加ください。
日程を2つ用意していますので、いずれか都合の良い日程にご参加ください。

<日程1>
・日時:2017年5月24日(水)11:50~12:30
・会場:研究講義棟101教室

<日程2>
・日時:2017年5月29日(月)11:50~12:30
・会場:研究講義棟101教室

お問い合わせは、留学支援共同利用センターまで。

12345678
過去の「お知らせ」は こちら
以前の「Inside TUFS」の「お知らせ」は こちら

行事予定
年:   月:
日付行事予定
5月3日(水)祝日授業実施(水曜授業実施)
5月8日(月)履修登録中止期間(~9日(火))【言語文化学部・国際社会学部のみ】※詳細は掲示板で確認して下さい。
5月31日(水)第104回学内競漕大会(全学臨時休講)
休講・補講情報
休講・補講情報

シラバス検索
シラバス検索

このシステムに関する問い合わせは までお願いします。