タイトル
     2020 年度   世界教養プログラム
  
就業体験2   
時間割コード
19180244
担当教員(ローマ字表記)
  田代 純一, 福田 彩 [TASHIRO Junichi, FUKUDA Aya]
授業開講形態 授業形態 単位数 学期 曜日・時限 実務経験のある教員による授業
    2 冬学期 集中 -
授業題目(和文)   
[COIL] 震災・洪水の被災地を学ぶ ~福島でのオンラインフィールドワーク~
 
Title(English)   
[COIL] Online Fieldwork for Fukushima - Learning from the Disaster-stricken area including the Earthquake and flood-
 
授業の目標   
世界展開力強化事業COIL型で掲げているテーマのひとつ「ハザード・スタディーズ(震災文学・災害と防災・原発)」を主軸に、非営利団体の協力のもと、震災後10年経てなお地震・津波・原発事故と向き合っており、それにさらに2019年の洪水被害も加わった被災地福島の方々から被災、就業等について学ぶ。
 
Goals of the course   
Based on the theme of "Hazard Studies (Disaster Literature, Disasters, Disaster Prevention, and Nuclear Power)" which is one of the COIL program themes, students will experience learning from Fukushima, the disaster-stricken area including a flood, where 10 years have passed since the earthquake, tsunami and nuclear power plant accident happened.
 
授業の概要   
本授業では、福島の災害を学ぶために、福島とオンラインで接続し、僧侶、農家、原発事故の啓発活動等を行なっている複数の現地の方々へ主体的に直接インタビューすることで、震災後10年の現地の状況を理解し学習することを目指す。インタビュー内容は「聞き書き」という手法により一つの記事にまとめることで、現地の人の置かれた状況、考えの等の理解の深化を促す。本授業は、非同期と同期のオンライン接続を組み合わせて行う。事前学習は非同期により行われる。本授業の概要紹介、福島の災害と災害支援、福島の方からのお話、原発事故処理に関する資料館からの取り組みの説明、インタビュー手法「聞き書き」についての学習を行う。インタビューは同期のオンライン接続により実施される。福島の四人の方々へ、事前に考えた質問等を行い、交流しながら考えを把握する。その後、同期のオンライン接続により参加者同士でインタビュー内容を記事にまとめる作業を行う。
 
Overview of the course   
This class aims at understanding current Fukushima after 10 years of the disaster by interviewing several Fukushima residents such as a Buddhist priest, farmers and an activist related to the nuclear powerplant accident. Students summarize the interview result by using one of the interview methods “Kikigaki” to enhance understanding of the current situation of Fukushima and thoughts of an interviewee. This class consists of non-real time and realtime online sessions. Preparatory studies will be held non-realtime. It includes learning sessions of the Fukushima disaster and disaster recovery activities, a story from a Fukushima resident, one of the solutions to deal with the nuclear power plant accident and an interview method "Kikigaki". Interview sessions will be held realtime online. Students conduct the interview with the local residents. Once the interview sessions completed, students summarize the interview articles.
 
キーワード   
福島、震災、津波、原発事故、死生観、世界展開力強化事業(COIL型)、インターンシップ、オンラインフィールドワーク
 
Keywords   
Fukushima, earthquake, tsunami, nuclear power plant accident, view of life and death, Inter-University Exchange Project (COIL type), internships, online fieldwork
 
授業の計画  
No.内容
ALH1 (リアルタイム接続)聞き書きインタビューのまとめ1
ALH2 (リアルタイム接続)聞き書きインタビューのまとめ2
第1回 (非同期)イントロダクション:田代純一
第2回 (非同期)事前学習:福島の災害について:福田彩
第3回 (非同期)事前学習:福島での災害支援について:髙野葉朗(日本財団学生ボランティアセンター)
第4回 (非同期)福島から学ぶ 1:福島の方のお話
第5回 (非同期)福島から学ぶ 2:原発事故処理に関する資料館からの取り組みについての説明
第6回 (非同期)インタビュー手法「聞き書き」について学ぶ:田代純一
第7回 (リアルタイム接続)オリエンテーション
第8回 (リアルタイム接続)福島の方へのインタビュー1
第9回 (リアルタイム接続)福島の方へのインタビュー2
第10回 (リアルタイム接続)福島の方へのインタビュー3
第11回 (リアルタイム接続)福島の方へのインタビュー4
第12回 (リアルタイム接続)総括
第13回 (非同期)振り返り
 
Plan  
No.Content
ALH1 Realtime: Summarizing an "Kikigaki" interview articles 1
ALH2 Realtime: Summarizing an "Kikigaki" interview articles 2
1 Non-real time: Introduction by Junichi Tashiro
2 Non-real time: Preparatory study: Disaster in Fukushima by Aya Fukuda
3 Non-real time: Preparatory study: Disaster recovery activities in Fukushima by Haro Takano (Nippon Foundation Student Volunteer Center: Gakuvo)
4 Non-real time: Learning from Fukushima 1: A story from a Fukushima resident
5 Non-real time: Learning from Fukushima 2: One of the solutions to deal with the nuclear power plant accident
6 Non-real time: Preparatory study: Interview method "Kikigaki"
7 Realtime: Orientation
8 Realtime: Interview to a Fukushima resident 1
9 Realtime: Interview to a Fukushima resident 2
10 Realtime: Interview to a Fukushima resident 3
11 Realtime: Interview to a Fukushima resident 4
12 Realtime: Review of the interview sessions
13 Non-real time: Reflection
 
成績評価の方法・基準   
事前学習、オンラインでの活動状況、提出物等により総合的に評価する。
 
Grading system for assessment   
Comprehensive evaluation is conducted throughout all sessions and activities.
 
事前・事後学習【要する時間の目安】   
上述の通り。
 
Preview/review   
Please refer to the above section.
 
履修上の注意   
・履修登録
本就業体験科目は世界展開力強化事業COIL型の一環として実施されるため、関連する学生を優先的に採用する。また、他の世界展開力強化事業の学生も優先的に採用する。定員16名。希望者が定員を超えた場合、書類選考や面接審査を実施する場合がある。

・スケジュール
1)非同期
冬学期開始後から2月13日(土)までの間に各自実施する。

2)同期(リアルタイムオンライン接続)
以下の日時に、リアルタイムのオンライン接続により授業を実施する。
(日本時間)
2月14日(日)9:00 am -12:15 pm
2月15日(月)9:00 am -12:00 pm
2月16日(火)9:00 am -12:00 pm

・オンライン接続ツール
非同期:Youtubeを使用予定
同期:Zoomを使用予定

・備考
*世界展開力強化事業COIL型のアメリカの連携大学の学生も参加する見込みがあります。
*同期のカリフォルニア時間は以下の通りです。
(PST: California time)
16:00 pm-19:15 pm, Saturday, February 13
16:00 pm-19:00 pm, Sunday, February 14
16:00 pm-19:00 pm, Monday, February 15
 
Notes   
Registration:
As this course is carried out as a part of the COIL program, the related students will be prioritized for registration. It will also give priority to students of other Inter-University Exchange Programs. Enrollment limit is 16. If the number of applicants exceeds 16, a document screening or interview may be conducted.

Schedule:
1) Non-realtime
Each student has to attend all non-realtime sessions during the time when the Winter period starts till Saturday, February 13.

2) Realtime
Realtime online sessions will be held as below.
(JST: Japan time)
9:00 am -12:15 pm, Sunday, February 14
9:00 am -12:00 pm, Monday, February 15
9:00 am -12:00 pm, Tuesday, February 16

Online platform:
Non-realtime: Youtube
Realtime: Zoom

Note:
*Students of American universities which are the partner universities of the the COIL program may join this class.
*The schedule of realtime sessions of PST is as below.
(PST: California time)
16:00 pm-19:15 pm, Saturday, February 13
16:00 pm-19:00 pm, Sunday, February 14
16:00 pm-19:00 pm, Monday, February 15
 
教科書  
 
参考書  
 
使用言語  
英語(E*) 一部日本語を含む
 
ページの先頭へ