タイトル
     2019 年度   世界教養プログラム
  
多文化社会2   
時間割コード
19180190
担当教員(ローマ字表記)
  福田 彩 [FUKUDA Aya]
授業形態 単位数 学期 曜日・時限
講義 2 秋学期 木5
授業題目(和文)   
[COIL]インストラクショナルデザインと異文化間能力
 
Title(English)   
[COIL] Instructional Design and Intercultural Competence
 
授業の目標   
昨今、グローバル化する世界において異文化間能力はますます不可欠なものとなっている。また、情報技術はますます地球上の人と人との距離を近づけており、教育現場でも情報技術を媒体とした交流が起こっている。この授業では、学生が、オンライン協働学習の経験および、教えることにより学ぶ手法を通して、異文化間能力と教育工学を学習することを目指す。本学の学生は、アメリカにいる学生とオンライン協働作業に携わる。そして、オンライン協働作業の経験も活かしつつ、異文化間能力を育成する授業案を考え、実際にクラスメイトに対して教室で授業を実行してみながら学ぶ。教えることにより学びを深めることを目的とする。この授業を通して、英語力の向上も期待している。
 
Goals of the course   
Nowadays, intercultural competence is increasingly indispensable for a citizen of the globalizing world. In addition, the digital technology is more and more used to connect people on the earth and it is applicable for the education arena too. This class is to help students equip intercultural competence and educational technology capability through the “learning by teaching” method and online collaborative learning experiences. Students will have the opportunity to conduct the online collaborative learning with the students in the US and Japan. Also, based on this experience and learnt theories, students will have a chance to develop a lesson plan of intercultural competence and to actually implement it in a classroom. Students learning is expected to be deepened by this process. Through this course, it is also expected to develop English proficiency.
 
授業の概要   
この授業は、理論の学習、オンライン協働学習(COIL: Collaborative Online International Learning)、教えることにより学ぶという3つの柱から構成されている。理論学習では、異文化間能力、インストラクショナルデザイン、教授と学習や教育工学の理論を学ぶ。オンライン協働学習はアメリカと日本の大学および本学との間で行われ、学習マネジメントシステムを効果的に使用しながら、教育現場での情報技術の使用についての比較学習を行う。教えることによる学ぶ部分では、学生は学習した理論やオンライン協働学習での経験を活かし、身に付けたい異文化間能力の授業案を計画する試みを行う。そして、その授業案を元に、クラスメイトに対して授業を行ってみて、フィードバックをもらう。
 
Overview of the course   
This course mainly consists of three parts: theoretical learning, online collaborative sessions (COIL: Collaborative Online International Learning) and learning by teaching. The theoretical learning part overviews related theories focused on intercultural competence, instructional design, teaching and learning and educational technology. Online sessions will be conducted with the US university and Japanese university. Students will be asked to participate in collaborative and comparative work in relation to education and technology by effectively using learning management systems. The learning by teaching part is for students to develop a lesson plan to nurture intercultural competence by using learnt theories and online session experiences. Then, students try to implement a lesson plan for their classmates and receive feedback.
 
キーワード   
インストラクショナルデザイン、異文化間能力、オンライン協働学習、教授と学習、教育工学、教えることにより学ぶ
 
Keywords   
Instructional Design, intercultural competence, online collaborative learning, teaching and learning, Educational Technology, teaching by learning
 
授業の計画   
題目
1週目 概論:インストラクショナルデザインと異文化間能力を定義する
2週目 理論学習:異文化間能力
3週目 オンライン協働学習の紹介と準備
4週目 非同期のオンラインセッションを経験する1
5週目 非同期のオンラインセッションを経験する2
6週目 同期のオンラインセッションを経験する
7週目 オンラインセッションの振り返りー分析的な振り返り小論文を書く
8週目 理論学習:教授と学習
9週目 理論学習:インストラクショナルデザインモデル
10週目 授業案を開発する1
11週目 授業案を開発する2
12週目 授業案を実践する
13週目 授業案の評価と全体の振り返り

アクティブラーニング:COILのディスカッションセッションが11月6日(水)の朝10時から11時の間に実施される。この時間に必修の授業がない人は、参加のこと。
 
Plan   
Day 1 Overview: Defining the Field - Instructional Design and Intercultural Competence
Day 2 Theory Learning: Intercultural Competence
Day 3 Introduction and Preparation of the Online Collaborative Session
Day 4 Experiencing the asynchronous online session 1
Day 5 Experiencing the asynchronous online session 2
Day 6 Experiencing the synchronous online session
Day 7 Reflection of the online session – Writing an analytic reflection essay
Day 8 Theory Learning: Teaching and Learning
Day 9 Theory Learning: Instructional Design Models
Day 10 Developing a lesson plan 1
Day 11 Developing a lesson plan 2
Day 12 Implementing a lesson plan
Day 13 Evaluating a lesson plan and reflection

Active Learning: COIL Discussions at 10 -11 am on Wednesday, November 6
*those who do not have a compulsory class at this timing, please join.
 
成績評価の方法・基準   
1) 振り返り感想文と分析的振り返り小論文:60%
毎週、授業の終わりに振り返り感想文を書き、かつオンライン学習が終了した後には分析的振り返り小論文を書く。
2) 授業での態度:40%
授業では活発に議論に参加したり活動したりすることが期待される。
 
Grading system for assessment   
1) Reflection papers and analytic reflection essay: 60%
Students are required to submit reflection papers of a session at the end of each session and analytic reflection essay after finishing online sessions.
2) Class performance: 40%
Students are expected to actively participate in online discussions and in-class activities.
 
事前・事後学習   
前週に授業の中で提示された文献を予習してくることが期待される。
 
Preview/review   
Reviewing the references indicated in the previous sessions is expected as preparation for a class.
 
履修上の注意   
・オンライン協働学習にてパートナーとなる大学は、アメリカのカリフォルニア大学アーバイン校、日本の国際基督教大学(ICU)である。
・オンライン学習を体験することが初めての人、自信はないが英語での協働作業、授業に挑戦したい人も大歓迎。
・オンライン協働学習のスケジュールは都合により変更となる可能性がある。
 
Notes   
- Connecting universities for the online sessions are International Christian Universities, Japan, and University of California, Irvine, the United States.
- This class warmly welcomes those who have not experienced the online class before. Also, students who do not have any confidence to attend the English class but would like to just try are very welcomed.
- The schedule for the online collaborative work would be subject to change.
 
教科書  
 
参考書  
 
使用言語  
英語(E)
 
ページの先頭へ