タイトル
     2019 年度   世界教養プログラム
  
世界のことばB   
時間割コード
180128
担当教員(ローマ字表記)
  小川 暁道 [OGAWA Akimichi]
授業形態 単位数 学期 曜日・時限
講義 2 秋学期 金5
授業題目(和文)   
ウクライナ語
 
Title(English)   
Ukrainian
 
授業の目標   
①ウクライナ語(宇語)の文字と基礎文法、基本的な日常会話、辞書を用いて平易な文章を読む能力を身につける。
②専攻語や他の言語との対照研究の基礎を身につける。
 
Goals of the course   
To understand the writing system and the basic grammar, and to improve some skills of conversation on everyday topics, reading easy texts in Ukrainian.
To master the fundamentals of contrastive analysis.
 
授業の概要   
基礎文法の学習が中心であるが、映像・音声・画像でウクライナの名所・旧跡(古都キーウ、愛のトンネル、世界遺産等)を紹介し、文化・歴史的背景、近隣諸国や世界との関係にも適宜触れながら、ウクライナ・宇語を総合的に学ぶ。
①ウクライナ概観―宇語の特徴、ウクライナ成立の歴史と背景の紹介を行う。
②文字と発音の丁寧な解説から始め、無理のない速度で教科書を順番に進める。
③簡単な宇語の会話と平易な読み物を通して、初級・中級レベルの宇語を学習する。
④随時他のスラヴ語と比較対照を行い、専攻語、地域を相対的・客観的に見る力を養う。
⑤既習者が受講する場合には実力にあった文学作品や新聞記事の講読を課す。
 
Overview of the course   
The class is designed to help students improve their knowledge of grammar and to introduce Ukrainian culture, history and the relationship between Ukraine and other countries
Complementarily
1 An overview of Ukraine: characteristics of Ukrainian language, a history of Ukrainian country and language
2 Reading a textbook at appropriate speed explaining alphabet and pronunciation.
3 Learning of the beginning and intermediate level of Ukrainian through simple conversations and readings.
4 Contrasting Ukrainian with other languages and developing a view of learners’ own major languages and their regions relatively and objectively.
5 Giving some tasks like reading of literary works, newspaper articles, that are suitable for the students who have already learned Ukrainian at the beginning level.
 
キーワード   
言語学、スラヴ語、言語政策、国際関係論、ヨーロッパとアジア、民俗学
 
Keywords   
Linguistics, Slavic languages, Language policy, International relationships, Europe and Asia, Folkloristics
 
授業の計画  
内容
イントロダクション―ウクライナ概観、授業の進め方、教材・文献の紹介
文字と発音、教科書第1課―映像による説明
文字と発音、教科書第2課―映像、音楽による説明
練習問題1、教科書第3課―映像、⾳楽による説明
第3課―映像、⾳楽による説明
第4課、練習問題2
アクティブラーニング
(教科書第1-4課、練習問題1、2の総復習、p.44-45単語力アップ、表現力アップの学習)
第5課―映像、⾳楽による説明
第6課、練習問題3
第7課―映像、⾳楽による説明
第8課、練習問題4
第9課―映像、⾳楽による説明
第10課、練習問題5
アクティブラーニング
(教科書第5-10課、練習問題3、4、5の総復習)
試験
 
Plan  
Content
Introduction
Alphabet and pronunciation1 and Lesson 1
Alphabet and pronunciation2 and Lesson 2
Exercise 1, Lesson 3
Lesson 3
Lesson 4, Exercise 2
Active Learning 1
(Review of Lessons 1-4, Exercises 1-2, Words and Phrases (p.44-45))
Lesson 5
Lesson 6, Exercise 3
Lesson 7
Lesson 8, Exercise 4
Lesson 9
Lesson 10, Exercise 5
Active learning 2
(Review of Lessons 5-10, Exercises 3-5)
Examination
 
成績評価の方法・基準   
受講時の平常点(授業への積極的な参加態度、発言、課題提出)(60%)、レポートおよび試験(40%)に基づき評価する。
 
Grading system for assessment   
Participation and performance in classroom activities, homework assignments (60%); Testing and assessment, such as midterm and final in-class tests (40%)
 
事前・事後学習   
あらかじめ教科書に目を通して文字と発音の練習を可能な限り行うこと。
授業後は内容の復習、単語と文章を暗記し、関連分野の文献を読むことが望ましい。
 
Preview/review   
To read the textbook beforehand and practice alphabet and pronunciation.
To memorize words and sentences in each lesson after the classes, and it is desirable to read a literatures.
 
履修上の注意   
キリル文字、スラヴ語を未習の学生も学べるよう配慮する。
ウクライナとその周辺地域に高い関心を持つ学生や日本および世界におけるウクライナ研究を背負って立つという気概を持った学生を歓迎する。
 
Notes   
 
教科書  
教科書1 ISBN 9784560067987
書名 ニューエクスプレス ウクライナ語
著者名 中澤英彦著 出版社 白水社 出版年 2009
備考
 
参考書  
参考書1 ISBN 978-4750347325
書名 ウクライナを知るための65章
著者名 服部倫卓, 原田義也編著 出版社 明石書店 出版年 2018
備考
参考書2 ISBN 978-4384058642
書名 初級ウクライナ語文法
著者名 黒田龍之助著 出版社 三修社 出版年 2017
備考
参考書3 ISBN 978-4121016553
書名 物語ウクライナの歴史 : ヨーロッパ最後の大国
著者名 黒川祐次著 出版社 中央公論新社 出版年 2002
備考
参考書4 ISBN 978-4634415003
書名 ポーランド・ウクライナ・バルト史
著者名 伊東孝之, 井内敏夫, 中井和夫編 出版社 山川出版社 出版年 1998
備考
参考書5 ISBN 978-4130360937
書名 ウクライナ・ナショナリズム : 独立のディレンマ
著者名 中井和夫著 出版社 東京大学出版会 出版年 1998
備考
 
使用言語  
日本語(J)
 
ページの先頭へ