タイトル
     2017 年度   国際社会学部
  
中東地域研究A   
時間割コード
421189
担当教員(ローマ字表記)
  小松 久男 [KOMATSU Hisao]
授業形態 単位数 学期 曜日・時限
  2 夏学期 集中
授業題目(和文)   
近代性、西欧化、オリエンタリズム―長い19世紀におけるオスマン社会の文化変容
 
Title(English)   
Modernity, Westernization, Orientalism: Ottoman Cultural Transformation in the Long Nineteenth Century
 
授業の目標   
19世紀から20世紀初頭にかけて、さまざまな西欧化の影響下に進行したオスマン社会の文化変容の複雑さを説明することを目標とする。
 
Goals of the course   
The course aims at introducing students to the complexity of Ottoman cultural transformations during the nineteenth and early twentieth centuries under the multiple influences of westernization.
 
授業の概要   
オスマン帝国は1830年代末から西欧化に向かってそのシステムの体系的でトップダウン型の改革に着手した。この授業では、この改革の政治的、経済的、その他「有形の」側面はさておき、具体的な例によって示される文化変容に限って取り上げることとする。
 
Overview of the course   
From the late 1830s on the Ottoman Empire has engaged in a systematic and top-down transformation of its system along the lines of Westernization. Leaving aside the political, economic and other “concrete” aspects of this transformation, this course will concentrate on its cultural dimension, illustrated by specific examples.
 
キーワード   
オスマン帝国、近代性、近代化、西欧化、文化、オリエンタリズム、ナショナリズム
 
Keywords   
Ottoman Empire, modernity, modernization, Westernization, culture, Orientalism, nationalism
 
授業の計画   
1.模倣:西欧からの最初の移転
2.文明:普遍的なモデルとしての西欧
3.オリエンタリズム:西欧思想の充当
4.ナショナリズム:西欧の優勢に対する反発
 
Plan   
1.Emulation: the first transfers from the West
2.Civilization: the West as a universal model
3.Orientalism: appropriating a Western ideology
4.Nationalism: reactions to Western supremacy
 
成績評価の方法・基準   
授業から1週間後に提出してもらう小論文によって評価する。
 
Grading system for assessment   
One short paper to be submitted the week following the course.
 
事前・事後学習   
 
Preview/review   
None.
 
履修上の注意   
 
Notes   
None.
 
教科書  
備考 None. The material will be provided by the instructor.
 
参考書  
 
使用言語  
未選択()
 
ページの先頭へ